知っておきたいおせち料理の " 由来 " " 意味 "

年末年始の話題のひとつに上がるおせち料理ですが。

みなさんは、ごく普通に食べておられますが、
おせち料理にはすべてに意味があることをご存じでしたか?

▼▼▼ おせち料理の歴史や料理の意味を知った上で味わってみてはい­かがでしょうか。

お正月に食べるおせち料理の 由来と 意味を改めて知って、
良い年を迎えましょう!


おせち料理の由来
おせち料理、もともとは季節の変わり目とされる「節」に、
神に供え物をし、宴を開くという
宮中行事で用いられていた料理。

「御節供料理」と呼ばれたこの料理は、
いつしか庶民の間にも浸透し、
お正月の「おせち料理」として定着してきました。

昔の人々はおせち料理に、
豊作や家内安全、子孫繁栄を願うという意味を込めました。

 おせち料理の献立の意味

おせち料理の献立は、地域や家庭によって様々です。

 祝い肴三種

黒豆・・・ 元気に働けますように!

「まめ」は元来、丈夫・健康を意味する言葉です。
「まめに働く」などの語呂合わせからも、
おせち料理には欠かせない料理です。

数の子・・・ 子宝と子孫繁栄を祈る

数の子はニシンの卵。
二親(にしん)から多くの子が出るのでめでたいと、
古くからおせちに使われてきました。

田作り・・・ 小さくても尾頭付き

五穀豊穣を願い、 
小魚を田畑に肥料として撒いたことから名付けられた田作り。
片口鰯の小魚(ごまめ)を使った田作りは、
関東でも関西でも祝い肴3品のうちの1品です。

紅白蒲鉾・・・ 紅白は祝いの色

蒲鉾は「日の出」を象徴するものとして、
元旦にはなくてはならない料理です。
紅はめでたさと慶びを、白は神聖を表します。

伊達巻・・・ 長崎から伝わった料理

江戸時代、長崎から江戸に伝わった「カステラ蒲鉾」が、
伊達者(シャレ者)たちの着物に似ていたので
伊達巻と呼ばれるようになったようです。
また、
昔は大事な文書や絵は巻物にしていたので、
おせち料理には巻いた料理が多くあります。


栗きんとん・・・ 豊かさと勝負運を願って

黄金色に輝く財宝にたとえて、豊かな1年を願う料理です。
日本中どこにでもある栗は、山の幸の代表格で、
「勝ち栗」として、縁起がよいとして尊ばれてきました。

昆布巻・・・ 昆布で健康長寿を

昆布は「喜こんぶ」の言葉にかけて、
正月の鏡飾りにも用いられている家内発展の縁起ものです。
おせち料理には、煮しめの結び昆布、昆布巻などがあります。

 酢の物

紅白なます・・・ 紅白でおめでたいさっぱり料理

お祝いの水引をかたどったもので、
おめでたい意味があります。
生の魚介と大根、にんじんと酢で作ったことから、
なますの名がつけられました。

今は生の魚介の代わりに、
干柿や昆布、ゆずの千切りも用いられます。

 焼き物

象徴

えびは、長いひげをはやし、
腰が曲がるまで長生きすることを願って
正月飾りやおせち料理に使われます。

おせち料理には、
小えびを串で止めた鬼がら焼がよく用いられます。

 煮物(煮しめ)

煮しめ

里芋・・・ 子芋がたくさん付くことから、子宝を祈願。

レンコン・・・
穴があいたレンコンには、先を見通せるようにとの意味が。

くわい・・・
くわいの大きな芽に、出世を祈って。

ごぼう・・・ 細く長く幸せに
細く長く地中にしっかり根を張るごぼうは
縁起のよい食材として様々に使われています。
たたきごぼうは、軟らかく煮たごぼうを叩き、
身を開いて、開運の縁起をかついだもの。
ごぼうの産地である八幡の名をとった、
牛肉の八幡巻、穴子の八幡巻も正月らしい巻もの料理です。


宮中で正月に配られる花びら餅の芯にも、
ごぼうが用いられ、大切に扱われているのです。