口コミで評判のトレンドアイテム

嫌い!こんな日常で・・・我慢はできる?

いつも綺麗でいたい!口コミで評判のトレンドアイテム情報についてのご案内。 何事も、一年間とりあへず我慢!半年間はお話主体!コンテンツが「財産」!「好きな事」だけをとことん続けてます!

何事も、一年間とりあへず我慢!半年間はお話主体!コンテンツが「財産」!「好きな事」だけをとことん続けてます!

主題歌が超カッコイイ『エイトマン』をご存じですか。
覚えていますか。




『エイトマンの歌』克美しげる ▼▼▼


この主題歌は本当にかっこよかった。

曲もそうだが、歌詞も素晴らしいです!
歴代のアニメソングの中では、
今なお最高峰にある名曲ではないでしょうか。

その辺のロックとかよりもこの歌の方が
かっこいいと思います。




この曲、
読売巨人軍・原監督の現役時代の登場テーマでした。
理由は、背番号が「8」だからです。
あらためてこの主題歌を聴いて
「これがオリジナルだったのか」と思う人も少なくないでしょう。

当時、正義を愛し、悪を憎む世相でした。
日本は、立派な国です。


イントロから強烈なインパクトで鳴り響くトランペット。
「♪光る海 光る大空 光る大地 行こう無限の地平線~」と、
壮大な世界像がいきなりイメージさせます。




大人になった今でも、聴き惚れてしまいます。
克美しげるの豊かな声量が、
聴き終えた後に深い余韻を残します。

アニメソングを超えたすばらしい歌だと思います。

トランペットは桑マン(桑野信義)の父である
プロトランペッターの桑野信勝氏だそうです。

真っ先に当時の思い出は
「エイトマンシール入り」の丸美屋ふりかけです。


エイトマンの“仮の姿”の名前は「東八郎」でした。
ここで同名のコメディアンとのギャップに笑える人は、
もう相当のお年ですね。




日本のアニメ文化はこの頃から発展していきました!

将来、リニアが開通したら、
8マンは並んで
走ってくれるだろうか・・・

このページのトップヘ

Build a Mobile Website
スマートフォン版を閲覧 | PC版を閲覧
Share by: