Top  >  エクセル便利技  >  エクセルの重複した値や文字列を一瞬で探し出す方法

エクセルの重複した値や文字列を一瞬で探し出す方法

エクセルで作業していると 重複した値 文字列
あるのかどうかチェックしたくなる時がありますよね。


今回は、一瞬で探し出せる方法を伝授させていただきます。

入力済みの値や文字列でも判別可能ですし、
過去に入力した値や文字列に重複があっても一瞬で気付きます。


本当に一瞬です。ビビります。
「絶対に」気付きます。


その方法とは。
「条件付書式」を使います。


条件付書式とは、ある条件を満たすセルに対して、
設定した書式(太字にしたり、赤く塗ったりなど)に
変更するという機能のことですが、まずこの画像を見てください。


RADBETWEEN関数

この表は、1から2000までの乱数(適当な数字)をA1からE20の合計100セルにランダムに表示させてある表です。


※RANDBETWEENという関数があり、この関数を使用すると
指定した範囲内で適当な乱数を作成してくれます。
今回は1から2000までの間で適当な数字を表示してあります。
RANDBETWEEN関数は初期設定ではインストールされていないため、
メニューの「ツール」⇒「アドイン」⇒「分析ツール」にチェックを
入れると使用可能になります。今回の場合は、「=RANDBETWEEN(1,2000)」
という式で作成しました。


一見すると、どの数字が 重複しているのか。2個以上あるのか。
判別できないですよね。

これを条件付書式を使用することで一瞬のうちに2個以上ある数字がどれなのか、判別することが出来るようになります。


まずA1セルからE20セルまでを選択します。
必ず「A1」セルから選択してください。
⇒A1がアクティブになっている状態。
エクセルは文字入力も書式変更も
全ては「範囲選択」から始まります。


次に条件付書式のメニューを出します。


EXCEL2003まで
メニューバーの「書式」⇒「条件付書式」

EXCEL2007,2010[ホーム]タブ⇒[スタイル]グループ⇒[条件付き書式]


条件付書式


条件付書式の画面が開いたら、
「セルの値が」のところを「数式が」に変更します。


「数式が」に変更するとその右横の横長のBOXが表示されますので、
ここに「=COUNTIF($A$1:$E$20,A1)>1」を入力して下さい。


この「$」マークは、絶対参照の記号です。

そもそもエクセルの数式とは、手入力よりも、
コピーして使いまわすやり方が圧倒的に楽なので、
それ用の機能としてこういうのがあるんだと理解してください。


「絶対参照の$マークが頭に付いている値は
コピーしても値がそのままである」という概念です。

数式の中で使う概念なので、まず「=」を入力します。次に「A1」を入力したあとに、「F4」キーを押します。

そうすると、以下の順序で循環します。


「$A$1」⇒絶対参照。Aも1も固定されている状態。

「A$1」⇒複合参照。1のみが固定されている状態。

「$A1」⇒複合参照。Aのみが固定されている状態。

「A1」⇒相対参照。何も固定されていない状態。


「=COUNTIF($A$1:$E$20,A1)>1」

この数式は、

「もし、A1セルの値が$A$1:$E$20の範囲の中に1つよりも多く含まれる場合は設定した書式を変更する。」

という意味です。

「1つよりも多く」とは、つまりは2個以上ということです。

なので、「=COUNTIF($A$1:$E$20,A1)>=2」でもいいです。


余談ですが、条件付書式の数式BOXの中で
矢印キーで数式内のカーソルを移動させたいときは、
「F2]キーを押してください。

さて、数式を入力したら、次は書式の変更です。この条件付書式の画面の「書式」のボタンを押します。


文字を太字にしたり、セルの背景の色を変えたり
自分の好みに設定してください。

今回は、セルの背景を赤に変更する設定にしました。

これで「OK」ボタンをおすと
A1からE20の全てのセルに条件付書式が設定され、この範囲の中にある数字の中で2個以上のものだけが、
赤く塗られている状態になります。


こんな感じ。


エクセル重複値


便利ですよね。
今回は「数字」で試しましたが、
「文字列」でももちろん応用可能ですので、
ご自身の環境によって柔軟に変更してみてください。


実践ではどういう使い方ができるのか。


例えば、2個以上あってはいけないもの
顧客IDやパソコンの製造番号など。

A列に今回のような条件付書式を設定しておけば、
新しいセルに過去に入力された同じ値が2個以上あれば、
値を入力した瞬間に色が変わるわけですから、誰でも気が付くわけです。


数千行、数万行あっても関係ありません。

入力した瞬間に絶対に気付きます。

ぜひご活用下さい。



スポンサーリンク

エクセル便利技

エクセルの意外に知られていない便利な使い方をご紹介

関連エントリー

エクセルの重複した値や文字列を一瞬で探し出す方法

エクセルで四捨五入できる関数をシンプルに説明。切上げ、切捨ても解説します。

エクセルand関数とor関数の分かりやすい使い方

エクセルでSUMPRODUCT関数を使う方法

ExcelのMID関数の使い方

エクセル(EXCEL)でセル内改行する方法

エクセルをパスワード付きで保護する方法

エクセル(Excel)でプルダウン(リスト)メニューを出す方法

曜日をエクセルで一発表示させる方法

エクセルで日付と時刻を一瞬にして入力する方法

エクセルで空白だけを選択する方法

エクセルで郵便番号⇔住所を一括で相互変換する方法


お気に入りに追加

サイト内検索



スポンサーリンク

ご感想、リンクなど

  • seo
View Site in Mobile | Classic
Share by: