Top  >  エクセル便利技  >  エクセルで四捨五入できる関数をシンプルに説明。切上げ、切捨ても解説します。

エクセルで四捨五入できる関数をシンプルに説明。切上げ、切捨ても解説します。

エクセルで四捨五入する関数を分かり易く解説します。

四捨五入したい元々の値が

80.549

だったとします。

エクセルで四捨五入すると言っても、
どの桁数で 四捨五入するのかで使用する関数の
式の内容も変わってきます。

例えば、

1の位を四捨五入したいのか。
10の位を四捨五入したいのか。小数点第1位を四捨五入したいのか。
小数点第2位を四捨五入したいのか。


いずれにせよ、 エクセルで四捨五入したい場合は、
ROUND関数」を使用して値を求めることになります。

例えば、今回の「80.549」を 整数のみ表示させ、
小数点以下は 四捨五入したい。

そういう場合は、式で書くとこうなります。

=ROUND(80.549,0)
この第二引数の「0」ですが、意味としては「1の位まで表示させ、
それ以下の位を 四捨五入する」というものです。

よって、計算結果は「81」になります。


第二引数の値を変えるとこうなります。


=ROUND(80.549, 1 ) ⇒少数第1位まで表示、それ以下を四捨五入。
⇒計算結果は「80.5」となります。

=ROUND(80.549, -1 )⇒10の位まで表示、それ以下を四捨五入。
⇒計算結果は「80」となります。


今回の「ROUND関数」は「四捨五入する関数」でした。
他にも「ROUNDUP関数」や「ROUNDDOWN関数」などがあります。

ROUNDUP関数は、「指定した値まで表示、それ以下を 切上げ
ROUNDDOWN関数は「指定した値まで表示、それ以下を 切捨て

する関数です。


ちなみに消費税は「1円以下は切捨て」のため、
ROUNDDOWN関数を使用します。


例えば99円(税抜)だった場合は、
通常の計算だと「99円×1.05=103.95円」。
1円以下は切捨てで「103円(税込)」となります。

ROUNDDOWN関数の場合は

=ROUNDDOWN(99*1.05,0)です。もちろん結果は「103」となります。

ここでちょっとしたこぼれ話を。

皆さんもよく飲む120円の缶コーヒー。自販機であれ、コンビニであれよく買うと思います。

当たり前の話ですが、この120円は税込120円です。つまり、消費税を足される前の価格があるわけです。

消費税を足される前の価格は115円。

115円×1.05=120.75円

消費税は、1円以下は切捨てのため支払いは120円になりますが、これを2本まとめて買うとどうなるでしょうか。


普通に自販機で買うと当然のことながら240円ですが、
コンビニで買うとどうなるか。

115円×2本×1.05=241.5円。

となり、241円請求されるわけです。

考えてみると当たり前のことですが、当時、何か納得行かない(笑)と思ったことをよく覚えています。

どうしても1円を支払いたくない場合は、2回レジに行くか、自販機で買うようにしましょう(^_^)

今回の結果をまとめて画像にしました。こちらをみてどれが最適か選んでみてください。




スポンサーリンク

エクセル便利技

エクセルの意外に知られていない便利な使い方をご紹介

関連エントリー

エクセルの重複した値や文字列を一瞬で探し出す方法

エクセルで四捨五入できる関数をシンプルに説明。切上げ、切捨ても解説します。

エクセルand関数とor関数の分かりやすい使い方

エクセルでSUMPRODUCT関数を使う方法

ExcelのMID関数の使い方

エクセル(EXCEL)でセル内改行する方法

エクセルをパスワード付きで保護する方法

エクセル(Excel)でプルダウン(リスト)メニューを出す方法

曜日をエクセルで一発表示させる方法

エクセルで日付と時刻を一瞬にして入力する方法

エクセルで空白だけを選択する方法

エクセルで郵便番号⇔住所を一括で相互変換する方法


お気に入りに追加

サイト内検索



スポンサーリンク

ご感想、リンクなど

  • seo
View Site in Mobile | Classic
Share by: