Top  >  エクセル便利技  >  エクセルでSUMPRODUCT関数を使う方法

エクセルでSUMPRODUCT関数を使う方法

エクセルで2つ以上(複数)の条件を満たす値をカウントしたい。

そう思った果てにここに辿り着いたあなた。よかったです。きっとここで解決できるでしょう。


たとえば、この図。

※画像が枠からはみ出てますが気にしないで下さい(笑)
別画面表示にすると本文が読みにくいので、
あえてこのままにしてあります。

SUMPRODUCT関数

「東京」かつ「男子」の人数を出す場合はこれでOK
= SUMPRODUCT(($A$2:$A$11=D2)*($B$2:$B$11=E2))

式を入力しているセルは「F2」
この式の「$A$2:$A$11=D2」が「東京」か「大阪」を選別する式。
「$B$2:$B$11=E2」が「男子」と「女子」を選別する式。

このD2とE2は今回のように入力済みのセルを参照してもいいし、直接値を式に入れ込んでもOKです。

直接、式に値を入れる場合は、こうなります。

= SUMPRODUCT(($A$2:$A$11="東京都")*($B$2:$B$11="男子"))

3つ、4つと条件が重なってくる場合は下のように、とどんどんつなげていけばOK。

「= SUMPRODUCT((式A)*(式B)*(式C)*(式D)*(式E))」


次にちょっと発展版。

「10代」の「男子」のみを求めたい場合。

その場合は、こうします。

SUMPRODUCT関数

= SUMPRODUCT(($B$2:$B$11>=10)*($B$2:$B$11<20)*($A$2:$A$11=D2))


今回の場合は、「男子」という値はあっても、
「10代」という値はありませんので、
「10代」という年齢の幅を範囲指定しています。

今回は「>=10」が10歳以上という意味「<20」が20歳未満という意味です。


これが分かると年齢以外でも、
ある一定期間の合計なども出せるわけですね。

値を求めたい始まりの日付と
値を求めたい終わりの日付を
今回の式に当てはめると求められるわけです。

Excel2007以降であれば、複数条件でカウントできるcountifsなどの関数がありますが、Excel2003以前のバージョンを使っている場合は、 SUMPRODUCTは必須ではないかと思います。



スポンサーリンク

エクセル便利技

エクセルの意外に知られていない便利な使い方をご紹介

関連エントリー

エクセルの重複した値や文字列を一瞬で探し出す方法

エクセルで四捨五入できる関数をシンプルに説明。切上げ、切捨ても解説します。

エクセルand関数とor関数の分かりやすい使い方

エクセルでSUMPRODUCT関数を使う方法

ExcelのMID関数の使い方

エクセル(EXCEL)でセル内改行する方法

エクセルをパスワード付きで保護する方法

エクセル(Excel)でプルダウン(リスト)メニューを出す方法

曜日をエクセルで一発表示させる方法

エクセルで日付と時刻を一瞬にして入力する方法

エクセルで空白だけを選択する方法

エクセルで郵便番号⇔住所を一括で相互変換する方法


お気に入りに追加

サイト内検索



スポンサーリンク

ご感想、リンクなど

  • seo
View Site in Mobile | Classic
Share by: